中国料理かなめ - 店主のこだわり

大阪 中華 広東 料理 あわび ふかひれ中国料理かなめでは、長崎県対馬産の「極上あわび」を活けの状態で仕入れ、手間を惜しまず、中華ハム、豚スネ肉、老鶏などで丸二日かけて調理をしております。
オープン前の2月中旬に、長崎県の対馬へ赴き、現地の方との契約し、より良質で最高の食材を皆様に味わっていただくため仕入れからこだわります。
自家製で金華ハム、干貝柱、干しエビなど他店とは違う少しピリ辛、スッキリとした特製の「XO醤」やシェフ自らが市場に足を運び、贔屓にしている八百屋から季節の新鮮野菜を仕入れ調理しております。
ご予約の場合に使用する「活け伊勢海老」やミル貝、車海老など、食材へのこだわりと、冷凍加工食品や業務用ソースなどは一切使わず、自家製で仕上げる最高の料理をお召し上がりください。
「自家製や食材にこだわります。なぜなら、自分の味でない料理で美味しかったと言われても腹が立つから」

シェフ プロフィール

大阪 中華 広東 料理 あわび ふかひれ
桧垣 英治 - Eiji Higaki -

1975年7月生まれ 大阪府出身
1996年 新神戸オリエンタルホテル入社(現ANAクラウンプラザ神戸)
2001年 食博覧会 中国料理コンクールにて農林水産大臣賞 受賞
2003年 中国料理専門 調理師認定

経歴

大阪 中華 広東 料理 あわび ふかひれお店のある地元、御幣島幼稚園、香簑小学校、歌島中学校に通い、大阪府立池田高校卒業。近畿大学商経学部に入学するも、料理の道に入りたく中退し、大阪阿倍野辻調理師専門学校入学。
新神戸オリエンタルホテルに入社し、中国料理レストラン「桂林」にて、料理長 居地正一氏のもとで11年間修行。
2008年3月、中国料理「かなめ」をオープン。自家製・素材にこだわり、お客様の「美味しかったよ」の一言を頂きたく、日々勉強中。

リンク集

店舗デザイン・インテリアデザイン「エムザ」 http://www.m-z-a.co.jp/

大阪市北区天満にある設計事務所。店舗デザイン、設計・改装をお願いしました。
当店を見ておわかりいただけると思いますが、数多くのステキなお店をたくさん手がけていらっしゃいます。

若林鍼灸院 http://www.wakabayashi.asia/

大阪府豊中市にある鍼灸院。高校時代の友人が開業し、シェフ自身も治療に訪れ、その効果に驚いています。